バストの悩みで恋愛に消極的になっていませんか…バストアップの方法はいろいろありますよ

バストアップ・効果のある方法は? > バストの基礎知識 > バストの構造

バストの基礎知識

バストの構造

張りのあるバスト 豊かなバスト…
いろんなバストがありますが、
その基本的な構造はみんな一緒です。
さて、その中身は…


女性のバストは柔らかい。

胸の筋肉に力をこめても固くならない。

……つまり、バストは筋肉ではなく、脂肪なわけです。

もちろん全部が脂肪なわけではありません。

いちばん奥深くにあるのが大胸筋。

これは、筋肉です。

これを鍛えることは、当然、バストのカタチに好影響を与えます。

そしてその上にあるのは胸筋膜。

これはただの膜です。

そしてオッパイを作る乳腺脂肪体や乳腺があって、

それはやがて乳管へとつながっています。

bustilasut1.jpg

イラストで見ると、その大部分がやっぱり脂肪。

バストの中身の約60〜90%が脂肪だといわれます。

そして、残りが乳腺組織=つまり赤ちゃんのための

オッパイを出す器官になっています。

まあ、シンプルにいうと

「胸の筋肉の上に付いている脂肪のかたまり」

なわけです。

そして、ちょっとくやしいのは、

ダイエットをすると脂肪から先に減る

=つまり、バストから減っていくということでしょうか。

レビューを書く

体験情報を他の人にも伝えよう!(サイトオーナー承認の後に掲載されます。記事中で掲載されることや不掲載の場合もあることをご了承ください)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: