バストの悩みで恋愛に消極的になっていませんか…バストアップの方法はいろいろありますよ

バストアップ・効果のある方法は? > バストの基礎知識 > バストのカタチ・いろいろ

バストの基礎知識

バストのカタチ・いろいろ

人の「顔が」みんな違うように、
バストのカタチも違います。
そしてそれは、いくつかのパターンに
分けることができます。

【皿型】
いわゆる「ぺチャパイ型」です。
皿を胸に2つかぶせたような形で、
トップバストとアンダーバストの高低差があまりありません。
横から見た感じが「食器のお皿」に似ているというわけです。

【半球型/お椀型】
皿型よりも容量があり、おわんをかぶせたような形。
やや張りに欠けますが、日本人女性の平均が
この型と言われています。
皿型よりも容量があるだけに、下着選びを間違ったり、
ちょっと油断してると垂れる危険性があるので、要注意。

【円錐型】
張りがよく、先端も尖ってる感じのオッパイです。
ツンととがった円錐型で、
脱いだ時こそ本領を発揮。
ヌードになるとほれぼれする理想的な形です。


【林檎型】
お椀型よりもやや大きめで、
アンダー方向にもふくらんでいます。
ブラジャーを使って見せるバストとしては
最も映える型とも言われています。
ノーブラだと、ちょっと「垂れかけ?」
という印象もあるかもしれません。

【釣鐘型】
円錐形よりもふくらみのある釣り鐘の形で、
トップとアンダーの高低差は大。
巨乳なのに垂れてない…
量感にあふれていて、しかも突き出ている…
つまり、かなりの理想系です。
ただ、張りが失われると、
やはり下垂しやすいので注意。

【下垂型】
バストの一部が下に垂れて
胸に触れているタイプ。
加齢などによって筋肉や
皮膚のハリが衰えると
どんなタイプでも、この下垂型になるおそれがあります。

レビューを書く

体験情報を他の人にも伝えよう!(サイトオーナー承認の後に掲載されます。記事中で掲載されることや不掲載の場合もあることをご了承ください)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: