バストの悩みで恋愛に消極的になっていませんか…バストアップの方法はいろいろありますよ

バストアップ・効果のある方法は? > バストアップの方法とは > バストアップにいい食品成分 その1

バストアップの方法とは

バストアップにいい食品成分 その1

よいバストのためには よい食事が必要です。
どんな栄養素が必要なのでしょう。
このページでは【女性ホルモン代用系】と
【たんぱく質系】の2種類をご紹介します。

【女性ホルモン代用系】
「女性ホルモン」という成分が含まれている食品はありません。
でも、それにとてもよく似た構造、
あるいはよく似た働きをする成分があります。

●大豆イソフラボン
「イソフラボン」は天然の植物のみに存在する成分です。
女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た分子構造をもっており
そのため「植物性のエストロゲン」と呼ばれることもあります。
大豆などにたくさん含まれ、とくに大豆から抽出されたものを大豆イソフラボンとも言います。

●プエラリア・ミリフィカ
これは成分名ではありません。
タイの北西部の山岳地帯に生存する豆科の植物名です。
イソフラボンをたくさん含有し
大豆に含まれるイソフラボンとプエラリアに含まれる
イソフラボンを比較すると
大豆イソフラボンの約40倍の効果が期待できる
といわれています。
そのため、あたかも「成分名」のように使われることがあります。

●ボロン
ミネラルの一種です。
女性ホルモンのエストロゲンの作用を補助する働きがあります。
梨、ぶどう、りんご、桃、大豆、わかめ、ひじきなどに含まれており
バストの脂肪だけを増やしてくれます。


【たんぱく質・アミノ酸系】
バストのほとんどを構成するのがたんぱく質。
ということで、良質のたんぱく質はよいバストを育てます。

●たんぱく質
バストに脂肪をつけるのに最も必要な栄養素。
血や筋肉を作り、女性ホルモンの分泌を促進します。

●アミノ酸
より分子の細かいたんぱく質の一種で、吸収が早いのが特徴。
豆腐やマグロなどにも豊富に含まれますが
最近はドリンクやサプリも人気。

●プロテイン
これもタンパク質の一種で
吸収が良いので、効率的にタンパク質の摂取ができます。
昔の人はきな粉(豆の粉)で摂ったりしましたが
近年のサプリメントのプロテインは
乳清や大豆などが使われています。

●コラーゲン
軟骨や皮膚、腱、を構成するたんぱく質の一種。
肌のハリを保ち、爪や髪の健康を守るはたらきがあるので
ハリのあるバストのためには摂っておきたい栄養素です。


レビューを書く

体験情報を他の人にも伝えよう!(サイトオーナー承認の後に掲載されます。記事中で掲載されることや不掲載の場合もあることをご了承ください)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: