バストの悩みで恋愛に消極的になっていませんか…バストアップの方法はいろいろありますよ

バストアップ・効果のある方法は? > 雑学!バスト > 継体天皇のお命を救った乳房の神

雑学!バスト

継体天皇のお命を救った乳房の神

岐阜県の山県市塩後地区に、「おなみ桜」という桜の木があります。

「おなみ」とは「乳母」の意味。

「おなみ桜」の由来となる伝説は、

天皇のお命を救った「乳房の神」の物語でした。

今から約1500年ほど前、第21代の雄略天皇の時代、

皇統は麻縄のように混乱しようとしていました。

尾張一宮真清田神社に産まれた男大迹王は

皇位争いの中で、乳母(おなみ)の子供として逃れ

この森に隠れ住みます。

しかし、乳の出が悪く、とても弱っていたのですが

不思議な岩石から湧き出る泉があり

その水を飲んで祈願したところ乳の出がよくなり

無事、皇子も育つことができました。

この皇子がやがて京に召され、第26代の継体天皇となられるのです。

…………………………………………………………

その言い伝えにある三頭の岩石がのちに「乳房の神」として奉られ

乳子神社のご神体とされたということです。

レビューを書く

体験情報を他の人にも伝えよう!(サイトオーナー承認の後に掲載されます。記事中で掲載されることや不掲載の場合もあることをご了承ください)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: